関東女子サッカーリーグ1部の群馬FCホワイトスター(前橋)の監督兼ゼネラルマネジャー(GM)に、元日本女子代表MFでエースナンバーの背番号10を背負った野田朱美氏(50)が就任することが31日、決まった。日本女子サッカーの黎明れいめい期をけん引、現役引退後は現場と日本協会双方の立場で競技を支えてきた新監督の下、2021年に創設される女子プロリーグ参入を目指す。

◎21年創設の女子プロリーグ参入目指す
 野田氏は東京都出身。中学3年で当時最年少で日本女子代表に選出され、1990年代に女子世界選手権=女子ワールドカップ(W杯)の前身=や五輪出場に貢献、女子が...    
<記事全文を読む>