日本ハムの中島卓也内野手(29)が30日、沖縄県名護市で、先乗り自主トレを打ち上げた。右肘痛と左膝痛を抱え、本来なら2軍調整も、2月1日に始まるキャンプは1軍スタート。人望厚い選手会長はリハビリを継続しながら、首脳陣と選手の橋渡しなど、まとめ役を買って出る。

 我慢の時間を過ごしている。中島は足の運びやスローイングの強度に制限を掛け、投内連携に臨んだ。こなせるメニューが増え、着実にステップアップしているが、回復の速度は緩やか。胸中は複雑で「先乗り中にもっとできるのかなと思っていたら、そこまで上げられなかった。良くはなっているけど…」と不安をのぞかせた。

...    
<記事全文を読む>