巨人の山上信吾は育成2年目の昨季、2軍登板がわずか1試合にとどまった。支配下登録へ「勝負の年」と位置付ける今季に向け、新たなフォームを模索する。

 ―昨季を振りかえって。
 体の管理はしっかりできたが、結果を求めたためか、フォームを崩してしまった。そこからなかなか抜けられず、制球に苦しむ試合が多かった。今はしっかり練習できて、自分の形として良くなっている感覚はある。

 ―フォームはどう修正したのか。
 プロ入り後のトレーニングで体は大きくなった。その体を最大限使って投げられるよう、自分に一番合う投げ方を探して、今近づいてる...    
<記事全文を読む>