野球関西独立リーグの和歌山ファイティングバーズ(FB)は29日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンター野球場で今季の練習を始めた。経営難のため運営体制を一新し、選手18人で再スタート。地元の選手も募集しており、野球を通じた地域貢献に力を入れる。

 和歌山FBは2016年秋、田辺・西牟婁を拠点に設立され、4シーズン目を迎える。球団の経営は、昨季までのNPOから東京都のベンチャー企業が設立した株式会社「CMDFB」に代わった。

 初日の練習は、生島大輔選手兼任コーチを含む選手18人全員がそろった。昨季に続いて指揮を執る元プロ野球選手の川原昭...    
<記事全文を読む>