西武に新加入したコーリー・スパンジェンバーグ外野手(28)が29日、埼玉県所沢市の球団事務所で入団会見に臨み、万能ぶりをアピールした。「スパンジーと呼んでください。いろんなポジションを守ることができる」と自己紹介。内外野の守備に加え、打順もユーティリティー性を備える。

 球団が公表したプロフィルのポジションは内野手・外野手の両表記となっていた。登録は外野手となるが、「去年は捕手と投手以外は全てやったよ」とニヤリ。同席した渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「どこのポジションでも平均より上」と説明した。

 さらに守備だけでなく、打順について、スパンジェンバーグは「...    
<記事全文を読む>