横浜DeNAのホセ・ロペス内野手(36)とエドウィン・エスコバー投手(27)が29日、来日した。チーム最年長のロペスは「キャンプ初日から100パーセントの状態で迎えられる。1年間プレーしたい」、昨季リーグ最多74試合に登板したエスコバーは「昨季と同じように頑張りたい」とリーグ優勝へ奮闘を誓った。

 昨季31本塁打のロペスは自宅がある米アリゾナ州でオフを過ごし、「毎日休まず例年以上にトレーニングできた」と手応え十分。大リーグ・レイズに入団した筒香からは移籍先が決まる前に相談を受けたと明かし、「頑張ってほしい。僕はテキサス(レンジャース)がいいと言ったんだけど&hel...    
<記事全文を読む>