伊勢大夢のセールスポイントは右横手気味のスリークオーターから投げ込む剛速球。その投球スタイルを本人は「めちゃくちゃ嫌だった」と打ち明ける。「シュート回転で球が汚いイメージがあって」。自信を持てるようになったのは1年前のこと。横浜高OBの明大・西嶋一記コーチの言葉がきっかけだった。

 「武器にすれば絶対上(プロ)に行けるよ」

 西嶋コーチは米大リーグ、ドジャース傘下のマイナーでプレーした経歴の持ち主。3年春の東京六大学リーグで3勝を挙げながら、秋の登板1試合に終わった伊勢は背中を押され、「それでいいんだって気にしなくなったら腕の振りと球質が変わ...    
<記事全文を読む>