西武は28日、契約を保留している多和田真三郎投手(26)が2月の春季キャンプにA、B班とも参加しないと発表した。

 2018年の最多勝投手の多和田は昨年9月に頻脈性不整脈と診断されて治療に専念してきたが、昨年12月に球団から自律神経失調症であることが発表された。今月15日には練習を再開しており、渡辺ゼネラルマネジャーは「(契約は)しっかり対応できるようになってから考える」と話していた。

...    
<記事全文を読む>