西武のドラフト1位、宮川哲投手(24)=東芝=が27日、同学年の森友哉捕手(24)との“黄金バッテリー”の結成を熱望した。春季キャンプで、森とのブルペン投球を重ねながら、自身のレベルアップにつなげる意欲を示した。

 この日で新人合同自主トレを打ち上げ、宮川の表情に手応えがにじんだ。「追い込んだトレーニングもやったので疲労はあるけど、肩はできたし、仕上がってきた」。最終日は40球のブルペン投球で締めくくった。

 自主トレ期間中は実現する機会がなかったが、正捕手の森とコミュニケーションを深めることは1軍定着に欠かせない。「受けてもらって、何が...    
<記事全文を読む>