西武の田辺徳雄3軍統括コーチ(53)が25日、次代の「獅子脅し要員」の育成に意欲を示した。西武では4年ぶりの現場復帰で、かつて打撃コーチとして中村や栗山を1軍に送り込んだ手腕の持ち主は「しっかり若いのを育てていかないとね」と改めて強調した。

 この日は春季キャンプを控えた選手が汗を流すライオンズトレーニングセンターを視察。「これからは毎日この場所で練習していかないといけないから」。現役時代に黄金時代を支え、1軍監督も経験した田辺コーチは、新設した3軍にとって大きな存在となる。

 チームは超強力打線でリーグ連覇を達成したが、山川、森、外崎ら主軸に続く若手の育成は今...    
<記事全文を読む>