プロ野球東北楽天が2019年シーズンに県内に与えた経済効果について、県は24日、過去最高の237億円とする推計結果を発表した。2季ぶりのAクラス(3位以内)入りに伴う観客数の伸びなどが背景にあるとみられる。
 試算はレギュラーシーズンのみを対象とした。入場料や飲食費などの直接効果は、レギュラーシーズンで過去最高だった17年比で13億円(9.3%)増の152億円だった。球場外の宿泊など波及効果は1億円(1.1%)減の85億円。
 本拠地の楽天生命パーク宮城(宮城野区)での試合数は17年と同じ66。年間観客数は6万2817人(3.7%)増の173万2526人だった。1試...    
<記事全文を読む>