横浜DeNAからポスティングシステムで米大リーグ、レイズに移籍した筒香嘉智外野手(28)が23日、大阪府内での自主トレーニングを公開した。憧れの夢舞台に挑む和製大砲は「イメージ、予想と違うことが起こると思う。できる限りの準備を尽くして、日々起こることに柔軟に対応したい」と気負いはない。

 屋内練習場で快音を響かせた。練習時からメジャー公式球を打ち込んでいるプロ通算205本塁打の「日本の4番」は「違和感はない。反発も問題ない」と好感触を得ている。使用するバットも現時点では模索している最中で、「体と一体になるものを使う」と筒香。昨季までとほぼ変わらないメニューで鍛えて...    
<記事全文を読む>