楽天の岡島豪郎は昨季、外野手から本職だった捕手に復帰したが、2度の手術で長期離脱を余儀なくされた。今季、完全復活して1軍での活躍を誓う。

 ―昨季を振り返って。
 手術をしたことは大きかったが 、前のことを振り返っても仕方ない 。目の前のことに集中して進むだけ。

 ―8年間のプロ生活で初めて1軍公式戦出場がなかった。
 2軍にいたことで収穫はあった。若手が試合に出るために必死に戦う姿はすさまじく、自分ももっと、がつがつしていいんだと思えた。

 ―嶋基宏捕手がヤクルトに移籍し、他の選手との正捕手争いが予...    
<記事全文を読む>