横浜DeNAのスペンサー・パットン投手(31)が22日、母国アメリカから来日した。球団を通じ、「来日以来最高のシーズンとなるように努力していく」とコメントした。

 昨季は自己ワーストの防御率5・15に終わった。昨年8月3日の巨人戦でベンチ内の冷蔵庫を殴打して右手小指を骨折して2カ月離脱。自己最少42試合の登板にとどまり、プルペン陣に負担をかけた。

 オフはテキサス州に購入した新居で過ごし、自室をジムに改造してトレーニング。ブルペンにも2度入り、汚名返上へ闘志をみなぎらせている。

 来日4年目となる右腕は「手も肩も状態はと...    
<記事全文を読む>