西武からフリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグのレッズに移籍した秋山翔吾外野手(31)が20日、埼玉県所沢市の球団事務所を訪れ、職員らにあいさつをした。玄関前では渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)に出迎えられ、がっちりと握手。「まずはおめでとうと言ってもらえた。(西武を)出るからにはしっかりやらないといけない」と話した。

 球団職員らに移籍の報告を終えると、報道陣にも対応。ファンに向けては「声援を受けて、励みになるときやしっかりやらないといけないと思うときもあった。厳しい目や、温かい目に応えたいと思って9年間やってきた。ライオンズの誇りを持ってアメリカに行く」と感...    
<記事全文を読む>