日本ハムの選手やコーチら約80人が18日、千葉市の幕張メッセで開かれたニッポンハムグループの商品展示会に参加した。栗山監督は「ここにいる全員で何がなんでも最後に喜び合う。それだけを目指して一生懸命戦っていく」と述べ、約3千人の来場者に、改めて4年ぶりのV奪還を誓った。

 展示会の一角に特設ステージが設けられ、選手やコーチが1人ずつ登場。来場者から今年の開幕投手について質問が出され、栗山監督は「まだ(本人には)伝えていない。みんなを信じてオーソドックスにいきたい」と明言を避けた。選手会長の中島は「2020年は特別な年。この中から一人でも多く東京五輪に出られるように頑張りたい」...    
<記事全文を読む>