昨夏の甲子園準優勝投手から放った会心の凡打がプロへの道を切り開いた。1回戦で星稜(石川)の奥川と対戦。九回、チェンジアップを完璧に捉えたが、強烈な浜風に押し戻されて右飛に倒れた。担当の近藤スカウトは「風がなければ入っていた。打撃センスがいい」と指名理由を語る。

...    
<記事全文を読む>