横浜DeNAベイスターズのルーキー7選手が17日、東京都渋谷区のDeNA本社を訪れ、同社会長で球団オーナーの南場智子氏から「プロになるからには一挙手一投足見られるという自覚が大切。若手が育つのがチームの強み。大暴れしてほしい」と激励を受けた。

 スーツ姿の新人選手は南場オーナーと名刺交換をした後、DeNAの企業理念や事業に加え、野球人口減少について約30分間の講義を受けた。ドラフト1位の森敬斗(桐蔭学園高)は「名刺交換は広報の方と練習してきたので…。野球を始めるに当たって『ああなりたい』と思わせるのもプロにしかできないこと。それが宿命と自覚しながらや...    
<記事全文を読む>