昨季4勝に終わった横浜DeNAの東克樹投手(24)がモデルチェンジで復活を目指す。左肘痛に苦しんだ経験から、故障しにくい投球フォームを追求。今オフは減量にも成功し、キレのある体を取り戻した。1年目に11勝で新人王に輝いた左腕は「1年間投げられる体づくりをしたい」と、開幕ローテーション入りをつかみにいく。

東、二桁勝利再び 苦節の一年、飛躍の糧に

 横須賀市の2軍施設「DOCK」で16日、今年初のブルペンで投球練習を行った東の直球は力強かった。20球で投げ終え「最初にしては想像していたより良かった。満足」。

...    
<記事全文を読む>