世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は16日までに、ソフトボールの最新世界ランキングを発表し、男子で日本が史上初めて1位になった。ランキングは年代別の各代表チームの成績を踏まえて決まる。アルゼンチンが2位、ニュージーランドが3位となった。

◎「次は世界選手権優勝を」
 快挙に群馬県関係者も貢献した。国際大会経験が豊富な照井賢吾さん(元代表投手、高崎市役所)は、昨年6月の世界選手権準優勝をアシスタントコーチで下支え。U-17(17歳以下)アジアカップの優勝は、新島学園高の田中徹浩監督が指揮を執り、稲垣拓朗投手と山口葵育捕手、斎藤向陽内野手の3人がけん引した...    
<記事全文を読む>