西武は15日、埼玉県川越市のホテルで首脳陣の全体会議を行い、春季キャンプA班(1軍)、B班(2軍)の振り分けを決めた。新人ではドラフト1位の宮川(東芝)、同2位の浜屋(三菱日立パワーシステムズ)、同5位の柘植(ホンダ鈴鹿)がA班スタートとなった。

 宮川、浜屋、柘植のコメントは以下の通り。

 宮川「A班についていけるか不安ですが、しっかり割って入るくらい今から準備して頑張りたいです。体力面だけじゃなくて、技術面もレベルが違うので、自主トレでは、しっかり投球の技術や指先の感覚を向上させてキャンプまでに仕上げたいです。

 キャンプでは今の自分に何が足りな...    
<記事全文を読む>