プロ野球ルートインBCリーグ石川ミリオンスターズの新入団選手の会見が十四日、金沢市内のホテルであり、選手たちは新シーズンに向けて抱負を語った。

 監督が決まっていない中で会見が行われ、端保(たんぼ)聡代表が「しばらく優勝から離れているので、今年こそは優勝し、NPBに選手を一人でも多く送り出したい」と話した。

 各選手がそれぞれ抱負を述べ、県内出身の川崎俊哲(としあき)選手(輪島高)は「持ち味のフルスイングや手を抜かないプレーで喜んでもらえるような選手になりたい」と話し、端保篤選手(金沢高)は「走力を生かした走塁と守備範囲が持ち味。ここでレベルアップしてNPBに行...    
<記事全文を読む>