2018年オフに自由契約となり、昨季スタートは楽天と育成契約を結び直したルシアノ・フェルナンド。7月に支配下へ返り咲いた。味わった苦難を力に変え、自慢の長打力でチームの勝利に貢献する。

 ―1年目に次ぐ打撃成績。昨季を振り返って。
 育成から支配下に入れたことが一番大きい。後半戦は少ない試合だったが、チームに良い貢献ができたと思う。自信を取り戻せたシーズンになった。

 ―三木肇監督に代わり、勝負のシーズンになる。
 三木監督をはじめ首脳陣が代わり、「期待している」と言われている。まずは1軍に定着し、試合に少しでも多く出るこ...    
<記事全文を読む>