広島の鈴木が、若手の見本となることを意識している。「僕は黒田(博樹)さんや新井(貴浩)さんの姿を見たことで、しっかりやることができた。意識が高い選手が残る世界」。後輩にプレーや練習に真摯(しんし)に取り組む姿勢を見せ、プロの厳しさを伝える。25歳にして、試合で活躍するだけが役割ではないと自覚する。

...    
<記事全文を読む>