プロ野球埼玉西部ライオンズの山川穂高選手が10日、那覇市役所を訪れ、首里城再建に向け自身とファンからの寄付金計約560万5千円の目録を、城間幹子市長に手渡した。山川選手は「火災後すぐに『力になりたい』と関係者に連絡した。僕がもっと活躍すれば、沖縄の皆さんの力になれると思う。これからも頑張りたい」と話した。
  
  寄付金の内訳は自身からが500万円で、ファンからが約60万円。ファンからの寄付金は昨年11月のファン感謝祭で託された。どちらも昨年、市に入金された。
  
  城間市長は「那覇市出身で(首里城近くの)城北中学校出身なので強い思いがあ...    
<記事全文を読む>