2年連続でパ・リーグ本塁打王に輝いた西武の山川穂高内野手(28)が10日、那覇市役所を訪れ、城間幹子市長に昨年10月に火災で主要施設が焼失した首里城(同市)の再建へ向けた支援金を手渡した。山川自身からの500万円と、昨年11月のファンイベントで募った60万5176円を託した。

 沖縄・中部商高出身の山川は、火災の報に触れた際のことを「言葉が出なかったのが一番。練習も一日身が入らなかった。子どものころは首里城の周りで遊んでいた」と振り返った。すぐに支援を決めたといい「本当に地元。首里初のプロ野球選手、首里初のホームラン王だと意識している。僕が真っ先に動くべきだと思った」と説明...    
<記事全文を読む>