埼玉西武の新人合同自主トレが9日、埼玉県所沢市のメットライフドームに隣接するライオンズトレーニングセンター(新室内練習場)でスタートし、ドラフト1位の宮川哲投手(東芝)、同3位の松岡洸希投手(桶川西高出、武蔵ヒートベアーズ)、育成ドラフト1位の出井敏博投手(埼玉栄高出、神奈川大)ら全9選手が参加した。

 ダッシュ、キャッチボール、縦列ノック、バランスボールを使った体幹トレーニングなど約3時間のメニューで汗を流した。初日を終え、松岡は「ダッシュがきつかったが楽しかった。キャンプ初日から全力で投げて、全力で動けるように体をつくっていきたい」と意気込みを語った。

■夢...    
<記事全文を読む>