プロ野球北海道日本ハムの新人合同自主トレーニングが8日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で始まった。ドラフト1位で即戦力の期待がかかる河野竜生投手(JFE西日本)ら10人がプロ選手としてのスタートを切った。

 この日は朝から雨が降ってグラウンドに水が浮いたため、選手は室内練習場でキャッチボールや守備練習に汗を流した。

...    
<記事全文を読む>