日本代表の稲葉篤紀監督(47)が年始に合わせ、東京都内でインタビューに応じた。今夏の東京五輪へ向け、代表メンバーをどのように選んでいくのか。悲願の金メダルを手繰り寄せるための構想と信念を聞いた。

 (浅井貴司)

 -挑戦の年が明けた。今年のテーマとなる一字は。

 「『結』。これまで結束力をずっと言い続けてやってきた。あとはいよいよ目標である五輪で結果を出すということ。この字には全うする、締めくくるという意味もある」

 -昨秋の国際大会「プレミア12」で世界一となった。王座を守るのではなく、もう一度奪いにいく考えか。

 「もちろん。準優勝の韓...    
<記事全文を読む>