プロ野球阪神のドラフト4位新人、秋田県にかほ市出身の遠藤成内野手(18)が憧れだったプロの世界に飛び出す。仁賀保中卒業後に古里を離れ、神奈川県の強豪東海大相模高に進むと、全国からつわものが集まる中で中心選手として活躍。最速145キロの右腕としても鳴らしたが、阪神では虎視眈々(たんたん)と正遊撃手の座を狙う。

 高校最終学年の昨年、夏の全国選手権神奈川大会で打率3割5分超、2本塁打をマークしてチームをけん引。甲子園では3回戦で敗れたが、高校日本代表に選ばれ18歳以下のワールドカップでもプレーした。「三振が多いので少しでも減らしたいし、守備でももっと安定感を身に付けたい。今年は...    
<記事全文を読む>