東北楽天は8日、ロッテで「サブロー」の登録名でプレーした大村三郎氏(43)が今季、1、2軍の連携強化のため新設された「ファームディレクター」に就任すると発表した。
 大村氏は岡山県出身。1995年に大阪・PL学園高からドラフト1位でロッテ入団。2011年のシーズン中にトレードで巨人入りし、同年オフにフリーエージェント権を行使してロッテに復帰した。通算1782試合出場、打率2割6分5厘、1363安打、127本塁打、655打点。
 大村氏は「微力ではあるが、力になることができてうれしい。東北のファンのために強いチームをつくれるよう頑張る」との談話を発表。石井ゼネラルマネ...    
<記事全文を読む>