千葉ロッテの藤原恭大外野手が7日、さいたま市のロッテ浦和球場で自主トレーニングを公開した。室内練習場でマシン相手に打ち込んだ2018年ドラフト1位は「キャンプで自分の力を発揮したい。もう一度、1軍の舞台に立ちたい」と意気込んだ。

 高卒2年目ながら今季を勝負の年に位置付ける。色紙に「勝」と抱負を記し、チームの勝利貢献に強い意欲を示すと同時に「(激化する)定位置争いに勝つ」との思いを込めた。

 年末年始は大阪に帰省して英気を養った。大阪桐蔭高同期の柿木(日本ハム)や横川(巨人)らと食事し、旧交を温め「ゆっくりしました」。元日は中学硬式野球の枚方ボーイズ時代にチーム...    
<記事全文を読む>