31歳の好漢が珍しく、欲を隠そうとしない。「正直めちゃくちゃ出たい。一生残る経験。こんな巡り合わせは二度とこない。鼻息荒くいきたい」。青年時代から憧れた「JAPAN」の胸のロゴ。カープでの日本一奪還に負けないくらい、東京五輪に懸ける思いは強い。

...    
<記事全文を読む>