勝ち星を、どっさりゲットする。日本ハムのドラフト2位・立野和明投手(21、東海理化)ら8選手が6日、千葉・鎌ケ谷「勇翔寮」に入った。立野は裏地にびっしりと星形のマークが描かれたスーツを身にまとい入寮。「ここから白星をスタートさせる。入団用に1着つくりました」と勝負服に思いを込めて、プロ生活の第一歩を踏み出した。

 “つかみ”はOK! ドラ2立野は、サービス精神旺盛だ。囲み取材の途中、コーディネートについて問われると「見たいですか?」とニヤリ。勝負スーツをめくり上げ、自慢のデザインを披露した。

 周到な準備をし、プロ生活のスタートを派手に飾...    
<記事全文を読む>