佐賀東高出身でプロ野球・埼玉西武ライオンズの辻発彦監督(61)のパ・リーグ2連覇を祝う後援会の新春パーティーが6日、佐賀市大和町のホテル龍登園で開かれた。関係者ら約240人が快挙をたたえた。

 西武は昨季、米大リーグに挑戦した菊池雄星(マリナーズ)ら主力が抜けた中、夏場の快進撃でソフトバンクとの最大8・5ゲーム差を逆転し、21年ぶりの2連覇を果たした。

 平松克輝後援会長は「連覇という大きなお土産を持って帰ってきてくれた。今年も佐賀の皆さんに夢と感動を与えて」と激励した。辻監督は「苦しいシーズンだったが、選手たちが我慢してくれた」と振り返り「3連覇、そしてまだ見...    
<記事全文を読む>