キャプテンの筒香が米大リーグ・レイズへ移籍し、大きな転機を迎える今季のベイスターズに期待の新星がやってくる。地元・桐蔭学園高から入団する森敬斗は、くしくも筒香以来10年ぶりとなるドラフト1位の高卒野手。静岡で生まれ育ち、神奈川の高校野球でもまれた未来のスター候補の成長の足跡をたどる。 入団会見の森とラミレス監督 入団会見の森とラミレス監督  横浜DeNA、森敬斗内野手─。昨年10月に東京都内で開かれたプロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)。前年の上茶谷大河(東洋大)まで5年連続で大卒の即戦力投手を1巡目で獲得してきたベイスターズが、地元の高校生遊撃手を単独指名したことは驚きをもって...    
<記事全文を読む>