西武の外崎修汰内野手(27)が4日、新シーズンのロケットスタートを誓った。日本球界屈指のユーティリティープレーヤーは東京五輪の日本代表候補としても有力。昨季はシーズン序盤に打撃不振で出遅れただけに開幕からのアピールを狙う。

 「今年は五輪がある。出たい気持ちは(プレミア12で)優勝して強くなった。そのためにもシーズンの初めが大事。まずはいい形でスタートダッシュを切れるように」

 今年はチームでのV3を目指すとともに金メダルにも挑む。代表入りへはシーズン序盤からの活躍が必須。昨季、3、4月は打率2割2分、5月は同2割3分2厘と苦しみ、スタメン落ちも味わっており、ス...    
<記事全文を読む>