東京五輪が7月に、パラリンピックが8月に開幕する。力と技を磨き上げたアスリートたちが躍動する、4年に1度の祭典だ。応援したり支えたりと、地元ゆかりのアスリートの心身を育んできた人たちの物語を紹介する。

 

     ◇

 ソフトボール(女子)日本代表の主将・山田恵里外野手(35)=藤沢市出身=は二〇〇四年アテネ五輪で代表入り、〇八年北京五輪の決勝戦では値千金の本塁打を放った。横浜市戸塚区に拠点を置く日立製作所ソフトボール部で活動して十七年。年齢を重ねる中、東京五輪に向けて心身を研ぎ澄ます山田選手が「支えてくれる人がいないと成り立たない」と頼...    
<記事全文を読む>