バレーボール・Vリーグ女子の久光製薬スプリングス(鳥栖市)は29日、兵庫県姫路市のウインク体育館でプレミアカンファレンス3位のNECレッドロケッツと対戦し、3―0のストレート勝ちで3連勝を飾った。ことし最後の試合を白星で終え、通算成績は10勝9敗となってNECと並んだが、勝ち点差で変わらず4位。

 第1セット、久光製薬は序盤のリードを保ち、25―17で先取。第2セットは1点を奪い合う接戦になったものの、岩坂名奈のブロックや井上愛里沙のスパイクが光り、25―20で奪った。最終第3セットも序盤から一進一退の攻防戦になったが、石井優希らが粘り強くスパイクを打ち込み、最後は岩坂がブ...    
<記事全文を読む>