バレーボール・Vリーグ女子の久光製薬スプリングス(鳥栖市)は28日、兵庫県姫路市のウインク体育館で岡山シーガルズと対戦し、3-2で競り勝って2連勝を飾った。通算成績は9勝9敗で、順位は変わらずプレミアカンファレンス4位。

 22日に二つのカンファレンスの各上位4チームで争うファイナルステージ「ファイナル8」進出を決めた久光製薬。第1セットを落としたものの、第2セットはジュースの末に28-26で取り返した。

 第3セットを失って迎えた第4セットは井上愛里沙、新鍋理沙を生かした攻撃で着実に得点を重ね、25-22で奪った。最終第5セットは石井優希のスパイクで序盤から勢...    
<記事全文を読む>