バレーボールのJOCジュニア五輪杯第33回全国都道府県対抗中学大会最終日は12月28日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女準決勝以降が行われた。女子の福井選抜は準決勝で東京に0-2で敗れたが、昨年に続いて3位入賞を果たした。

 福井は相手の高身長を生かしたプレーに苦しみ、第1セットを17-25で落とした。第2セットでは序盤はリードしたが追いつかれ、18-25で敗れた。前田琉那主将(陽明)、牧田奈々(福井工大福井)小嶋さくら(至民)らが中心となり、力強いスパイクを放っていた。

 前田琉那主将は「もうひとつ上に行きたかった気持ちもあるが、このメンバーで3位とい...    
<記事全文を読む>