バレーボールVリーグ女子2部のプレステージ・インターナショナルアランマーレは25日、来年4月の入社内定選手として3人が決まったと発表した。

 内定したのは、ともにアウトサイドヒッターの榎本里歩(21)=松蔭大、神奈川県出身=と小泉春葵(22)=日女体大、埼玉県出身。リベロの細田瑠加(22)=仙台大、長野県出身。

 榎本と小泉は身長170センチで、ともに力強いスパイクが持ち味のアタッカー。細田は身長159センチでプレーに安定感がある。背番号は榎本が12、細田が14、小泉が20に決まった。3人はVリーグ機構に追加登録を済ませており、今季リーグ戦か...    
<記事全文を読む>