バレーボールのV1は22日、各地で行われ、ジップアリーナ岡山(岡山市)でホームゲームに臨んだ女子プレミアカンファレンス2位の岡山シーガルズは1―3で1位デンソーに敗れた。連勝が5で止まり、通算12勝5敗(勝ち点35)。デンソーは16勝目(2敗)を挙げ、レギュラーラウンド首位通過を濃厚にした。

 シーガルズは得点源の金田、佐々木が不調で第1セットを18―25で失うと、接戦の第2セットはジュースの末に逃した。後がない第3セットは守備が機能し、ライト渡辺らがラリーを制して25―19で奪ったものの第4セットで力尽きた。

 3位のNEC、4位の久光製薬...    
<記事全文を読む>