バレーボール・Vリーグ女子の久光製薬スプリングス(鳥栖市)は21日、福岡県の久留米総合スポーツセンター体育館で姫路と対戦し、3-0でストレート勝ちした。通算成績は8勝9敗で、順位は変わらずプレミアカンファレンス4位。

 久光製薬は多彩な攻撃やブロックで得点を重ねた。第1セットは石井優希と井上愛里沙が効果的にアタックを決め、25-18で先取した。第2セットは終盤までリードを許したが、要所で岩坂名奈がブロックを決めて25-23で連取。第3セットも主導権を譲らず、ファビアナのブロックや井上のサーブポイントなどでリードを奪い、25-21でストレート勝ちを収めた。久光製薬は28日午後...    
<記事全文を読む>