三重県は15日、県産食材を使ってアスリート向けに開発された「みえ勝ち飯」をアピールするイベントを、四日市市泊小柳町のマックスバリュ四日市泊店で開いた。鈴鹿市出身の元ビーチバレー選手で、みえの国観光大使の浅尾美和さんが「みえ勝ち飯」を試食し、現役時代を振り返るトークショーにも臨んだ。

県は東京オリンピック・パラリンピックや三重とこわか国体・とこわか大会に向けて、各地で「みえ勝ち飯」をアピールしている。今回は11月に開店したばかりで、多くの客でにぎわう同店を会場に選んだ。

浅尾さんは、伊勢うまし豚と県産白菜を使った「中華風白菜と豚肉の重ね鍋」や、伊勢まだいを使った「鯛...    
<記事全文を読む>