バレーボールのVリーグ男子1部徳島大会が14、15の両日、徳島市のアスティとくしまで行われる。徳島をサブホームタウンとし、現在1位のジェイテクト(愛知)など4チームが出場。日本代表選手や外国人選手らによるハイレベルな熱戦が期待できそうだ。

 2年連続の開催となる徳島大会では、ジェイテクトのほかJT広島(広島)、サントリー(大阪)、堺(同)が2日間で計4試合を行う。

 ジェイテクトは現在12勝1敗。ポイント数や勝率でパナソニックと並ぶが、セット率で上回り首位に立つ。5連勝中のチームを引っ張るのは19歳の西田。日本代表でも活躍中で、10月のワールドカップでは攻撃専門...    
<記事全文を読む>