和歌山県みなべ町の南部バレーボールスポーツ少年団女子が、8日に海南市であった第17回全国スポーツ少年団バレーボール県女子決勝大会で優勝した。県代表として来年3月27~30日に岐阜県である全国大会に出場する。優勝は2年連続、10回目。

 県決勝大会は、夏のスポーツ少年団県大会の上位12チームに出場権があり、2チームが棄権したため10チームがトーナメントで争った。

 南部は2回戦で粉河(那賀)にセットカウント2―0で勝つと、準決勝は地元ライバルの印南はまゆうと対戦。大接戦になりながらも、3セット目は大事な場面で思い切ったサーブが決まるなど2(21―19、13―21、...    
<記事全文を読む>