バレーボールV2男子のヴォレアス北海道は7、8の両日、愛知県の三好公園総合体育館で2試合を行った。7日はトヨタ自動車(愛知)に1―3で敗れ、今季初黒星を喫し首位から陥落したものの、8日は大同特殊鋼(同)を3―0で下した。8勝1敗で、1位を保っている。

 全勝同士の対決となったトヨタ自動車戦は、第1セットは古田の強打で先取したものの、その後は流れをつかめずに奪われた。エド・クライン監督は「サーブも機能せず、ブロックアウトも多かった」と反省点を口にした。

...    
<記事全文を読む>