女子ビーチバレー界の若手ホープ、村上礼華(ダイキアクシス、兵庫県南あわじ市出身)が、坂口佳穂(マイナビ/KBSC)とのペアで今秋のジャパンツアー・ファイナルとワールドツアーを初制覇した。来年の東京五輪出場に向けて弾みをつけた2人は「もっとレベルアップしていきたい」と意欲的だ。(金山成美)

 22歳の村上は、今年1月から一つ年上の坂口と活動。松山東雲女大生だった昨年、世界大学選手権に出場するために初めてパートナーとなり、「やりやすいし面白い」と互いに好印象を抱いたことがきっかけとなった。

 坂口は、村上を「サーブ力があり、ボールコントロールが安定している」と高く評...    
<記事全文を読む>