バレーボール・Vリーグ女子の久光製薬スプリングス(鳥栖市)は1日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館でスターカンファレンス首位のJTマーヴェラスと対戦し、0―3でストレート負けした。今季ホーム戦で初黒星となり、通算成績は5勝7敗(勝ち点15)でプレミアカンファレンス4位。

 久光製薬は第1セット、コンビネーションの乱れなどから失点を重ね、19―25で落とした。第2セットは序盤にリードを奪ったが、相手の多彩な攻撃を止めきれずに25―27で競り負けた。第3セットは石井優希、井上愛里沙にボールを集めたものの、18―25で振り切られた。

 久光製薬は7日、岡山県...    
<記事全文を読む>